権利侵害に関する警告等を受けている方

知的財産権を侵害していると警告等を受けた方が
適切に権利行使に対処することができるよう、権利侵害対応サービスを提供しています。
TOP > 取扱業務のご案内 > 権利侵害に関する警告等を受けている方

こんな場合はぜひご相談ください

  • 知的財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権等)を侵害しているとして
    警告等を受けた場合。
  • 知的財産権を侵害しているとして裁判を起こされた場合。
  • 自分の行為が他人の知的財産権を侵害しているか確認したい場合。
  • 自社商品が模倣品であるとして輸入・輸出の差止をされた場合。
警告等を受けている方

サービス内容

  • 侵害鑑定
  • 特許庁への審判請求(無効審判等)
  • 審決取消訴訟
  • 税関による輸入・輸出差止への対応
  • その他侵害対応(訴訟対応等)/ 弁護士と協同して対応を行います。(※)

よくある質問

権利侵害に関する警告等でお悩みの方へ

知的財産権が保護対象とするアイデアや信用等は、建物や車等(不動産や動産)といった形のあるものではなく、目に見えない形のないものです。

そのため、あるアイデアや信用等に関する知的財産権の存在を把握することは難しく、知らず知らずのうちに他人の知的財産権を侵害し警告等を受けるケースも少なくありません。また、アイデアや信用等が目に見えない形のないものであるが故に、ある行為が知的財産権の侵害行為に該当するか否かの判断は容易ではなく、権利行使を受けた際に適切な対策を講ずることは困難を極めるものとなっております。

そこで、ベリーベスト国際特許事務所では、専門的な知識と経験を活かし、知的財産権を侵害していると警告等を受けた方が適切に権利行使に対処することができるよう、知的財産権に関する権利侵害対応サービスを提供しております(※)。

「自分の行為が侵害行為に該当しないか心配だ」、「警告を受けたが本当に侵害行為にあたるのか?」、「裁判を起こされたけどどう対処したらよいかわからない」等、侵害対応に関するどのようなことでも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

※権利者からの警告に対する対応(裁判外での交渉等)や訴訟対応等、弁護士が必要になる場面においては、220名以上の弁護士が所属するグループ法人の一つである
 ベリーベスト法律事務所と協同して知的財産権に関する紛争解決にあたります。