商標登録出願の費用

他サービスの費用については下のボタンよりお選びください。

商標登録出願の費用

項目 ベリーベスト費用 特許庁費用(非課税) 小計 備考
先行調査費用 3万円~ 0円 3万円~
出願費用 6万円~ 1万2000円~ 7万2000円~ 左記特許庁費用は指定商品役務の区分の数が1の場合における費用です。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
3400円+区分数×8600円
補正書の作成 5万円~ 0円 5万円~
意見書の作成 5万円~ 0円 5万円~
登録費用 4万円~ 2万8200円~ 6万8200円~ 左記特許庁費用は指定商品役務の区分の数が1の場合における費用です(全額納付)。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
区分数×2万8200円
なお、特許庁費用(登録料)を分割して納付する場合には、次の計算式により算出される金額となります。
区分数×1万6400円
更新登録申請手続 3万円 3万8800円~ 6万8800円~ 左記特許庁費用は指定商品役務の区分の数が1の場合における費用です(全額納付)。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
区分数×3万8800円
なお、特許庁費用(更新登録申請手数料)を分割して納付する場合には、次の計算式により算出される金額となります。
区分数×2万2600円
拒絶査定不服審判の請求 着手金:15万円~
成功報酬:15万円~
※事案の内容により変動します
5万5000円~ 20万5000円~ 左記特許庁費用は指定商品役務の区分の数が1の場合における費用です。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
1万5000円+区分数×4万円
商標登録無効審判 着手金:30万円~
成功報酬:30万円~
※事案の内容により変動します
5万5000円~ 35万5000円~ 左記特許庁費用は審判の対象となる指定商品役務の区分の数が1の場合における費用となります。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
1万5000円+区分数×4万円
答弁事件の着手金及び成功報酬の金額は、左記金額と同額です。
不使用取消審判 着手金:10万円~
成功報酬:10万円~
※事案の内容により変動します
5万5000円~ 15万5000円~ 左記特許庁費用は審判の対象となる指定商品役務の区分の数が1の場合における費用となります。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
1万5000円+区分数×4万円
答弁事件の着手金及び成功報酬の金額は、左記金額と同額です。
その他取消審判 着手金:20万円~
成功報酬:20万円~
※事案の内容により変動します
5万5000円~ 25万5000円~ 左記特許庁費用は審判の対象となる指定商品役務の区分の数が1の場合における費用となります。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
1万5000円+区分数×4万円
答弁事件の着手金及び成功報酬の金額は、左記金額と同額です。
補正却下決定不服審判 着手金:10万円~
成功報酬:10万円~
※事案の内容により変動します
5万5000円~ 15万5000円~ 左記特許庁費用は指定商品役務の区分の数が1の場合における費用です。
指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
1万5000円+区分数×4万円
異議申立事件 着手金:20万円~
成功報酬:15万円~
※事案の内容により変動します
1万1000円~ 21万1000円~ 左記特許庁費用は異議申立の対象となる指定商品役務の区分の数が1の場合における費用となります。指定商品役務の区分の数が2以上の場合には、次の計算式により算出される金額となります。
3000円+区分数×8000円
答弁事件の着手金及び成功報酬の金額は、左記金額と同額です。

審決取消訴訟

項目 ベリーベスト費用 裁判所費用(非課税) 小計 備考
訴訟費用 着手金:50万円~
成功報酬:50万円~
※事案の内容により変動します
収入印紙1万3000円
郵便切手6000円
51万9000円~ 郵便切手は、当事者が1名増えるごとに1072円2組追加されます。

※上記費用には消費税が含まれておりません。なお、費用が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

詳しいお見積りについて

事案の内容等により費用が異なりますので、ご相談内容を確認の上、別途お見積りいたします。